ぶたぞーブログ

みなさんに豚肉をおいしく、賢く食べていただきたいと思ってます。豚道の道のりはとてつもなく長そうですが、お付き合いいただけたら嬉しいです。

なぜ若手社員はお金がたまらないのか?

広告

-->


どうもぶたぞー です。

先日会社の休憩室で、若手社員がお金が全然たまらないと同僚と話をしてました。

面白かったので聞き耳を立ててしまいました。

彼は毎月給料日前に赤字になってしまうそうです。

確かに私も入社数年はお金がたまりにくかったことを思い出しました。


若手社員(かつての私も)がお金がたまらない理由は簡単です。

お金に対する教養がないからです。

なぜか学校で教えてくれないですが、主要科目に入れた方が良いほど重要です。


お金の教養の一端を、今回の例の中で考えていけたらと思います。

目次

若手社員の手取り

25万のようです。残業が多い部署なので結構もらってますね。

若手社員の生活費内訳

計25万

家賃 8万
飲み代6万
タバコ代1.5万
ネットと携帯料金1.5万
交通費1万
交際費1万
ガス、水道、光熱費、電気1万
食費3万
その他(服飾など)1万
不明1万

週3では飲みに行っている。タバコも毎日1箱は吸う。と中々若者らしい生活を送ってますね。

若手の同僚のアドバイス

飲みに行き過ぎだろ、飲み代抑えろよ。あと、タバコも吸いすぎだろ。

全く真っ当なアドバイスをしてました。


ただ、飲み代やタバコを抑える方法は多分うまくいきません。

意志の力が必要だからです。


私はお酒もほとんど飲まないですし、タバコも吸いません。

ですから、私の場合は彼のアドバイスに従うことは簡単です。

でも、趣味のカヌーの頻度が減ったり、移動費を抑えてつまらない場所でカヌーをすることは耐えられません。

お金のために楽しみを我慢するのは本末転倒です。

お金は人生を楽しむための道具に過ぎないのですから。


私だったらどうアドバイスするかを考えてみた

その場でしゃしゃりでることは憚られたので、実際はアドバイスしてません。

が、考えてみました。


ポイントは目標を立てることと意志の力を使わない方法の構築です。

あえて、飲み代やタバコ代には手をつけません。

目標を立てる

具体的には、まず、目標を明確に立てることが何より重要です。

これが無ければ、進むべき方向が定まりません。

彼はどうやら、貯金できる体質になり、彼女が欲しいようです。

貯金と彼女、、、、関係あるのかな?

同僚女子に貯金できない奴は彼女ができないと言われたらしいです、、、


なので、とりあえず月3万円貯金できるようになることを目標することとします。

年間36万とボーナスの時に10万ずつ貯めて年間56万貯金する。

1年目の目標としては上出来ではないでしょうか?

意志の力を使わない方法を構築する

やり方は簡単です。

うちの会社は財形貯蓄があります。皆さんの会社も財形貯蓄があるところは多いのではないでしょうか?

給料日に指定した金額が会社に貯金されて、差し引かれた分のみが自分の口座に振り込まれる仕組みです。

これで、毎月の給料から3万円、ボーナス時に10万円と設定して会社に登録すれば目標達成です。

あとは、振り込まれた給料でなんとかやっていくだけです、、、、



って彼の生活が破綻してしまいますね。


なので、生活費内訳から3万円を削りだすことを考えなければいけません。



私の提案はこうです。


家賃を下げる。(引っ越す)8万→6.5万

通信費を下げる。(格安携帯、ネット会社変更) 1.5万→0.6万

食費を下げる。(社食を使う) 3万→ 2.4万

引っ越しをして家賃を下げる。

東京で1人暮らしなので家賃8万円は決して高いってことはありません。

むしろ割と平均的です。

でも、探せば安い物件はいくらでもあります。

風呂なしでシャワールームのみしかないや駅から遠いなど我慢できる範囲で条件の悪い物件に引っ越ししましょう。

通信費を下げる

通信費が1.5万は高すぎです。

格安携帯や安いネット会社でも、通信環境は驚くほど快適です。

ちなみに私はマイネオとWimaxを利用しています。

月にかかる通信費は合わせて5500円くらいです。

社内食堂を使う

うちの会社は社食が1食400円と破格です。べつに味も悪くないですよ。

こちらを利用すれば、少なくとも1日200円は浮くのではないでしょうか?

これで月6000円浮きます。

まとめ

この方法であれば、特に生活レベルが下がったと感じることもなく、意志の力も使わないので自然とお金がたまります。


あとは、やるかやらないかだと思います。

今回は直接アドバイスしてないから、どうなるか分からないですが、こんなアドバイスをして実際に実行する人って10人に1人ぐらいしかいない印象です。

なので、こういった工夫を出来る人は皆んなお金持ちになれるんだと思います。


あとお金を増やすことの真髄はお金をうまく使うことに楽しみを見出すことです。

その辺の詳しい内容はこちら

www.butazou.com