ぶたぞーブログ

みなさんに豚肉をおいしく、賢く食べていただきたいと思ってます。豚道の道のりはとてつもなく長そうですが、お付き合いいただけたら嬉しいです。

家でのステーキはサイコロステーキが良いと思う

広告

-->


こんにちはぶたぞーです。

家でのステーキっておいしく食べれていますか?

やっぱりステーキハウスやレストランで食べる方が全然おいしくて、家でステーキを食べるとかたいし、おいしくないって感じていないでしょうか?


私は食肉業界で働くまで、そんな風に思っていました。

子供の頃、家で食べるステーキは嫌いでした。かたくて噛みきれないのです。


その理由はどうしてでしょう?

スーパーで買ってくる肉はそもそも安くて品質が低いから

焼き方が間違っているから

ステーキハウスのような設備がなく、フライパンやホットプレートでは上手く焼けないから


、、、、それは違います。

この業界で働いて何十回も様々な肉をステーキとして焼いて食べてわかりました。

家のフライパンで焼くだけでも、ステーキハウスを超えるステーキを食べられるのです。

目次

どんなステーキ肉を買えば良いのか

スーパーでステーキを買おうとすると様々なステーキがあることに気づきます。

産地でみると国産、アメリカ産、オーストラリア産と言ったところでしょうか。

部位もサーロインや肩ロース、モモなどがあるはずです。ヒレがあることもあるかもしれません。


和牛や輸入牛であってもヒレなど価格の高いステーキが買えれば、それに越したことはありません。

ただ、そうもいかないですよね。モモステーキや輸入牛ステーキが価格的に手頃で選択肢として有力になると思います。

その中でおすすめは輸入牛のアンガス牛(アンガス種)肩ロースステーキです。

100g 298円もしくは1枚500円ぐらいで販売されていることが多いです。

お手頃価格で、おいしさも満足できるのがおすすめの理由です。


ステーキと言えばサーロインというイメージがあると思います。確かにサーロインはステーキにぴったりな部位でステーキの王様と呼ばれたりもする程です。

ただ、価格も100g 498円もしくは1枚780円ぐらいはします。

お金に余裕がある時はサーロインも良いと思います。

サーロインなど部位についての説明はこちら

www.butazou.com

アンガス種とは

急にアンガス牛というワードを出してしまいましたが、アンガスって一体何なのでしょう?

一言で言えば、食肉に最も適した牛の品種です。

世界的には、おいしい牛といえば、和牛ではなく、アンガス牛なのです。

見た目は黒い牛です。

なかなか皆さんが経験することはないかと思いますが、食肉用の牛肉として有名なヘレフォード牛と食べ比べをしたらはっきりとアンガス牛のおいしさがわかります。

部位による味の違い

一口に牛のステーキと言っても、部位によって味が違います。

それぞれ、簡単に説明します。

サーロインは、やわらかく、脂のサシが入っている場合も多くジューシーな味わいです。

肩ロースは、食べ応えのある食感で、これぞ肉って味がします。

モモ・ランプは、鉄分を感じる味で、脂は少なく食べやすくたくさん食べれます。

どんな焼き方をすれば良いのか

ステーキの焼き方は、実は基本があります。私たちの努力不足で、なぜか世間に浸透していません、、、非常に有用な知識なのにです。

ステーキの焼き方についてはこちら

www.butazou.com


ですが、ステーキ初心者であればサイコロカットしたステーキを焼くことをおすすめします。


理由は、サイコロステーキを何回かに分けて焼けば改善(カイゼン)を図れるのです。

例えば、1回目は焼きすぎて固くなってしまったなと思ったら、2回目はもう少し焼く時間を短くすれば良いのです。

実際ステーキの焼き方に正解はないです。それぞれその人の好みがあるからです。

なので、その場でいろいろな焼き方を試して、好みのステーキを作れば良いと思います。


とは言っても、サイコロステーキの基本となる焼き方を説明します。


おすすめ焼き方
・サイコロカットされた肉を買ってくる。または、ステーキを2センチ平方ぐらいにサイコロカットする

・焼く直前に塩・こしょう(粗挽き)をします
肉の臭みを消すため

・強火のフライパンで、全ての面に焼き色がつくまで焼きます
肉汁を肉の中に閉じ込めるため

・中火で1分程度焼きます
肉自体に熱を持たせるため

・ステーキをお皿にのせます

・お皿の上からアルミをかけて、5分ぐらい余熱を肉の中心部まで浸透させます
肉の内部にじっくり熱を浸透させます。肉をやわらかく保ったまま火が通らせるため

* もし固いなと感じたら、焼く時間を少し短くしてみてください

ステーキソースや調味料にこだわる

経済的にステーキの肉にこだわれない時は特にステーキソースや調味料にこだわって欲しいです。


粗挽きコショウは、焼く直前に必ず使用してください。

コショウは、肉の臭みを消しますので、使うと使わないでは全くおいしさが違ってきます。



ステーキソースも、出来ればお肉売り場で売っている宮のタレを使ってください。

宮のタレ
ステーキ宮 宮のたれ 500g ボトル


とても完成度の高いタレです。やはり価格的に安いステーキはステーキそのものだけで勝負してしまうと分が悪いです。

ただ、コショウやタレは高級肉を買うことを考えれば大変経済的にステーキの味を高められるアイテムなのです。

まとめ

アンガス牛の肩ロースステーキの購入がおすすめ

買ったり、自分でサイコロカットしたサイコロステーキを焼いてみる

焼き方は、基本通りにまず焼いてみる。そのあとは自分でいろいろ試す

安めのステーキを選んだ時ほど、調味料にこだわる