ぶたぞーブログ

みなさんに豚肉をおいしく、賢く食べていただきたいと思ってます。豚道の道のりはとてつもなく長そうですが、お付き合いいただけたら嬉しいです。

電気グリル鍋を長年使ってみた感想


どうもぶたぞーです。

今日は1人暮らしや2人暮らしをしていて肉料理が好きな方への調理器具の紹介です。

それは電気グリル鍋です。


使いどころ

私の場合は、夫婦での夕食や友人を呼んでの3、4人での自宅飲み会で活躍させています。

電気グリル鍋が使いやすい理由

みんなで突っつけるので楽しい

何といっても魅力は、食卓に出して、みんなで突っついて楽しく食べられることでしょう。

名前の通り鍋としては当然使えますし、焼き肉やステーキを焼くなど焼きの機能でも力を発揮します。

温度設定が自由自在

温度調整が自由自在なのも魅力です。例えば昆布出しをとる時は、水を沸騰させてはいけません。

この鍋であれば、温度を80度など沸騰しない温度に設定できるので安心です。

昆布だしを使った絶品簡単料理の紹介はこちらの記事を見ていただけたらと思います。

www.butazou.com


この電気グリル鍋はパワーも強く温度を一定に保てることも意外と大きな魅力です。実はステーキを家庭で焼くのが難しい理由がこの点にあります。

フライパンで、ステーキを焼くとステーキと接したフライパンの面の温度が一時的に下がります。そして、家庭用のコンロの力では温度の回復に時間がかかります。このフライパンの温度変化がステーキを家庭で上手く焼くのを難しくしているのです。

ステーキを上手く焼くコツはこちらの記事も参考にして下さい。

www.butazou.com


つまり、電磁グリル鍋はフライパンよりも温度を一定に保つ力が強いです。そのため、ステーキを焼くならグリル鍋やホットプレートの方が良いのです。

価格が手頃

なかなか魅力的なグリル鍋ですが、実は値段も手頃です。2980円です。

確かに毎日使うものではないですが、持っていれば楽しい団欒の機会が増えます。

後片付けも簡単


このように分解できるので洗うのも簡単のです。

グリル鍋の不満


実はやや不満もあります。テフロンが剥げやすい点です。安いが故かもしれませんが、3年もするとテフロンが剥げてしまいます。

ただ、テフロンが剥げだあとは、油を引いてから焼けば鉄板に肉がくっつくことはないです。鍋系の料理に関しては、全く問題は生じません。

さて、電磁グリル鍋興味を持っていただけたでしょうか?1、2人世帯には、一家に1台あって損はないですよ。